1. Home
  2. 施工例
  3. 新築の施工例
  4. 子育てと家事の両立ができる家

宮城県仙台市の工務店 栗駒建業

子育てと家事の両立ができる家 (スキップフロア)

幼いお子様を子育て中の施主様ご夫妻。共働きということもあり、家事に費やせる時間にも限りがあります。家の中を元気に遊びまわる子供たちを見守りながら、効率よく家事をこなせるように間取りを工夫した家です。


外観
玄関を入ってすぐ、下駄箱も兼ねた大容量の収納スペースを設けています。この広い収納スペースは、玄関側からだけでなく台所側からも使用でき、中を通り玄関と台所を行き来できる通路的な役割も果たしています。
買い物をしてきた食品なども、靴を脱がずに台所まで運ぶことができ、お米や飲料品などの重い食料品のストックやアウトドア用品の収納場所としても重宝しそうです。

玄関収納

玄関収納/扉を開けたところ

玄関収納/中から撮影
下駄箱として使う棚は、あえて背板を設けず収納スペース側からも靴の出し入れが可能なので、衣替えシーズンの靴の入れ替えも楽にでき、下駄箱に湿気や臭いがこもる心配もありません。

台所勝手口から見た収納スペース
突き当りのドアを開ければ玄関に出ます。

キッチンと階段
リビングと台所の仕切り壁がないので、料理をしながら、リビングや多目的スペースで遊んでいる子供を見守ることが出来ます。

洗面、トイレ、浴室へ続く廊下
台所側の窓を開ければ、突き当りの採風扉(上げ下げ)へ風が通り抜けるので、水廻りで最も気になる湿気対策にも有効です。
また、水廻りエリアへのドアを開けっぱなしてしておけば、お子様のトイレや入浴中の気配も感じることが出来ます。

乾燥機付きの浴室

洗濯機置き場の上にパイプを取り付けて、雨天時や夜間でも洗濯物を干せる場所を確保しています。

1階洗面台

1階トイレ

2階洗面室

洗面台はイケアから購入した施主様支給品

和室から見たリビングと多目的ホール

リビング側から見た和室
リビングと和室は段差なしの続き間で開放感があります。和室は、建具で間仕切りすることで落ち着きのある個室としても使えます。

多目的ホール/スキップフロア

多目的ホール天井は吹き抜け
1階と2階の間に設けた多目的ホールは、横格子を通してリビング側からも様子が伺えるので、子供の遊び場としても最適です。多目的ホールの天井は吹き抜けで開放的です。

横格子からリビングと和室が見えます。

明るく開放感のある吹き抜け天井

階段脇の横格子が多目的ホール(スキップフロア)。横格子下の壁にテレビを設置。テレビ下の棚はデッキ類を置くスペースです。

デッキ類を置く棚にコンセントを設けてあるので、テレビの裏に隠れる場所にテレビのコード類を通す穴を設けています。

2階ウォークインクローゼット

2階収納棚


子育て世代の家造り

幼いお子様を育てながらの家事は、かなりの重労働です。毎日のことだから、できるだけ効率的に家事をこなしつつ、子供たちの成長も見守っていきたい子育て世代の施主様ご夫妻。施主様のお時間が許す限り、幾度となく打合せを重ねて、新しい家への要望や希望を出来るだけお聞きし、施主様と二人三脚で造り上げた家です。
下駄箱も兼ねた大容量の収納スペースは、床をベタ基礎の部分まで下げているので、その上にスキップフロアの多目的ホールを設けることが出来ました。多目的ホールは、子供たちが小さいうちは遊び場として、少し大きくなったら勉強部屋に、ご主人様の書斎や奥様の趣味の部屋など、ご家族のライフスタイルの変化に合わせて多目的に使える魅力的な空間になりました。2階には、主寝室と子供部屋がありますが、あえて各部屋に収納スペースを設けず、主寝室からと廊下から出入りできる大きめのウォークインクローゼットを設けて、ここにご家族全員分の衣類が収納できるようにしています。一か所で衣類を管理することで、各部屋の収納場所へ衣類を仕舞う手間を省けます。また、子育て世代は洗濯物も多くなりがちなので、浴室乾燥機だけでは足りなくなる場合も想定して、脱衣室兼洗濯機置き場に洗濯物を干すパイプを取付け、サーキュレーターや除湿器を使えばランドリールームとしての機能も果たすようにしています。

施主様にとって、いちばん暮らしやすい家は、施主様のご要望やご希望なしでは完成しません。「こうしてほしい」「こんなことは出来るの?」「こうだったらいいのに...」施主様にしか思いつかないアイデアも多くあります。どんな些細なことでも、お話しくださることによって、家造りに活かすことが出来ます。
子育て世代の施主様だからこそのご要望やアイデアをたくさんお聞かせいただけたことで、子育てと家事を両立するための工夫が凝らされた家が完成しました。